ポスター賞を受賞した佐藤大輔さん

工学研究科博士後期課程3年の佐藤大輔
さんの発表が、6月24日から26日にかけ
て徳島で開催された「第15回日本蛋白質
科学会年会」において、応募者150名の
中から「ポスター賞」を受賞しました。今
回の発表では、「時間分解X 線小角散乱
法を用いた超分子集合メカニズムの研究」
のテーマで、蛋白質の集合のメカニズム
を主に兵庫県の放射光施設SPring-8で
研究した成果を報告しました。指導教員
の池口教授は、「佐藤さんの研究は日本
が誇る世界最高水準の放射光施設
SPring-8を利用したものですが、単にそ
の性能によるものではありません。
SPring-8で得られるデータは膨大で、佐
藤さんが作成したコンピュータ・プログラ
ム無しには解析できなかったと思います。
生命科学と情報科学の両方に精通した彼
でなければ、なし得なかった研究成果です」
と受賞を称えました。